肌に合うもの

ビタミンCは昔から美白効果があることでも知られていています。
昔はスライスしたレモンやきゅうりなどを顔に乗せて、美白パックなどが行なわれていたのです。
最近ではこのビタミンCが化粧品にも配合されていて、美肌に大きな働きをもたらしています。
化粧品に配合されているビタミンCはビタミンC誘導体という成分で、ビタミンCが壊れやすいという欠点を補っているものです。
美白成分として認可されていて、シミの元となるメラニンを防いで、シミを予防する働きと、できてしまったシミを徐々に薄くする効果を持っています。
また、コラーゲンの生成を促したり、抗酸化作用があるのでアンチエイジングにも最適です。
さらに、皮脂をコントロールする力も持っているので、ニキビケアにもとても有効です。

ヒアルロン酸の1.3倍もの保水力を持つことで、最近注目されている美容成分がプロテオグリカンです。
水分を抱え込んで蓄える力に長けているだけでなく、ヒアルロン酸の生成を促す働きも持っているため、ふっくらとしたしわやたるみのない肌になることができます。
また、表皮で細胞の生まれ変わりを促進させるEGFと似た働きをしてくれるので、新陳代謝を活発にして、ターンオーバーの促進にも役立ちます。
それと同時にコラーゲンの生成を促してくれるので、ターンオーバーと共に働けば、シミやたるみなどのあらゆる肌の悩みを改善へと導いてくれます。
そして、抗炎作用を持っているので、老化の原因となる活性酸素の働きを受けにくくなり、老化防止にも役立ちます。