購入方法

肌が乾燥してしまう原因には様々ななものがありますが、これらの影響を受けるとバリア機能が低下してしまいます。
バリア機能を担っているもののうち約8割が細胞間脂質というものです。
表皮の角質細胞のすき間を埋めるように存在していて、保湿したり外的刺激を受けないように守ったりする役割をしています。
この細胞間脂質の約4割を占めているのがセラミドで、乾燥している状態だとこのセラミドが不足しています。
つまり、乾燥対策として化粧品などでセラミドを補ってあげると、バリア機能を高めることができて、乾燥を改善することができます。
セラミドは油溶性の成分なので、美容液やクリームなどで補ってあげると効果的です。
肌に優しい低刺激なものもあるので、自分に合うものを探してケアしていきましょう。

肌の乾燥の原因には間違ったスキンケアもあります。
日々何気なく習慣として行なっているスキンケアが、もしかして肌を傷めている場合があるかもしれません。
クレンジングや洗顔だけでなく、化粧水や乳液を付ける時でも、肌を擦ってしまってはダメージを与えてしまいます。
長時間コットンでパッティングしたりマッサージのやり過ぎ、クリームや日焼け止めなどを塗り込んでいるなど、自分でも気が付かないうちに肌との摩擦が起きている場合があります。
また、洗いすぎも乾燥の原因になります。
洗顔の回数が多かったり、洗顔料の洗浄力が強すぎたりすると、必要な皮脂や潤い物質まで洗い流してしまいます。
擦らない、力を入れない、潤いを残すという点に気をつけてスキンケアを行なうのが良いでしょう。